AGAクリニック ランキング|東京

aga プロペシア フィンペシアの素性の違いを比較 >  AGAクリニック ランキング|東京

AGAについて

 簡単にAGAについて少し触れておきますね。AGAとはAndroGenetic Alopeciaの略で、要は男性型脱毛症です。

これは皆さんご存知かと思いますが、ではAGAのメカニズムは?と言われると

「何かよく分からんけど男性ホルモンのせい?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでAGAのメカニズムについて、簡単にご説明します。

 

我々の毛根には、毛乳頭があります。 毛乳頭は髪を製造する工場のようなものです。

そして毛乳頭くんが頑張って毛母細胞を分裂させて、髪をどんどん作っていきます。

これが正常な状態でなんです。 AGAはこの毛乳頭くんが機能しなくなることなんですが、ではなぜ

機能しなくなるかというと、ここで男性ホルモンの登場です。 睾丸(き〇たま)で生成される男性ホルモン

テストステロンというのがいます。 そして毛乳頭さんを構成している酵素で5αリダクターゼという

のがいます。 この、きん〇まからやってきたテストステロンと5αリダクターゼが出会ってしまうと、

ジヒドロテストステロンという鬼のような男性ホルモンに変身してしまいます。 こいつが毛乳頭くんの

機能を止めてしまう原因なのです。 毛乳頭くんの機能が止まると、毛周期が無くなります。

髪はまず産毛のようなのが生えてきて、徐々に子供⇒青年⇒大人⇒おじいちゃん⇒抜け落ちる⇒

毛根がスタンバイ中⇒そしてまた産毛、、というのが毛周期で、数ヶ月~数年というスパンです。

AGAが進行しだすと、まず寿命を迎える前に抜け落ち、大人に成長する前に抜け落ち、子供のうちに

抜け落ち、やがて産毛も生えてこなくなる、、というイメージです。

以上が、AGAのメカニズムです。 次章ではAGAの対処に関するメカニズムをご説明します。

 

AGA 原因

 前章の通り、AGAの方は何らかの理由でテストステロンが異常に作られ過ぎているのかな?という

ところまで研究が進んでいるようですが、まだ未解明な点は存在します。

しかしひとまず、テストステロンの生成を抑制すれば、AGAの進行は止められる、という臨床データは

上がっています。 その抑制の方法としてフィナステリドという成分の投与があり、成分はテストステロン

の生成を抑制する働きがあります。 そうすれば5αリダクターゼと結合することもありません。

この成分を含有した薬にプロペシアなどがありますが、こちらは市販薬ではありませんので、お医者さんで

処方してもらうしかありません。 ですのでお医者さんにかかれば治療が可能です。

 

 何となくAGAが分かったところで、次章にてAGA治療をしてくれるクリニック の中でも、ネットで口コミ

評価の高いところをいくつかご紹介します。

 

AGAクリニック ランキング|東京

銀座総合美容クリニック
銀座総合美容クリニック

好評のAGA無料カウンセリングへ

東京都港区新橋1-4-5 G10ビル 9・10階

新宿メディカルクリニック
新宿メディカルクリニック

月 1万円台~の治療費
まずは無料カウンセリングへ
東京都渋谷区代々木2-10-4 新宿辻ビル 3F

メンズサポートクリニック
メンズサポートクリニック

発毛実感99.6% 月5000円からできる最新のAGA治療

AGAスキンクリニック
AGAスキンクリニック

治療にあたる医師が自らも治療し、成功した方法
東京以外にも、全国に40院